体育会サッカー部

2017年に16年ぶりに一部リーグに昇格した体育会サッカー部。

サッカーの練習・試合のみならず、学内外のボランティア活動にも力を注いでいます。

部活動と学業の両立のためにどんな工夫をしているかなど、体育会サッカー部員の実態をご紹介します。

 

〈回答者:体育会サッカー部 代表 /外国語学部ポルトガル語学科3年)

Q1:上智大学サッカー部の部員情報・活動内容を教えてください。(部員数、活動日、活動場所、所属リーグなど)
また、今後の出場大会があれば教えてください。
A1:
部員数:66名(プレイヤー59名、マネージャー6名、審判1名)
活動日:
【授業期間】
月曜日、金曜日 15:30-19:30(真田堀運動場)
水曜日、木曜日 朝練(外部グラウンド)
土曜日、日曜日 練習試合、公式戦(4月~10月に行われるリーグ戦)
【授業休業期間】
外部グラウンドで、授業期間と同様のメニューを行う
所属:東京都一部リーグ所属(2017年~2019年。2017年に16年ぶりに一部リーグに昇格しました!)

Q2:上智大学サッカー部の魅力・アピールポイントは何ですか。
A2:
まず、学生主体であることだと思います。
自分達で、練習場の確保や練習メニューの考案、リーグ戦のメンバーの決定など、全ての運営を行っています。そのため、時折、グラウンドの手配ミスが起きたり、メンバー間で意見の相違が起きたりすると、大変さを感じることもあります。
しかし、部員全員で問題意識を持ち、解決策を考え、その考えを共有・実行することで、チームが一丸となり、助け合う組織文化が生み出されています。このような経験は、社会人になってからも活かせると思っています。
次に、本学にはスポーツ推薦がないことです。そのため、大学に入学してからでも、練習に励めば、リーグ戦に出場し強い相手と戦うといった醍醐味を味わうことができます。他の一部所属チームや強豪大学に比べ、選手層などで差は生まれるかもしれませんが、そこは全員で切磋琢磨し合い埋めていきたいと思います。

2018年度 東京都一部リーグ戦で勝利をおさめ、部員と喜びをわかちあっている様子
2018年度 東京都一部リーグ戦で勝利をおさめ、部員と喜びをわかちあっている様子

Q3: ホフマンホール(部室)の清掃活動や東北のボランティアなど、ボランティア活動にも力を入れていますが、そのような取り組みを行うことになったきっかけや、背景を教えてください。
また、それらの取り組みが、部員にどのような影響を与えているか、教えてください。
A3:
私たちは、2017年からホフマンホールの清掃活動と東北ボランティアをしています。
サッカーをするだけではなく、サッカー以外の活動を通して部活の存在価値を高め、大学や社会に貢献できることはないかと考え、こうした活動を行うことになりました。

・東北ボランティア
毎年、2月上旬に訪問しています。事前に、学生センターの職員の方や東北のボランティア団体の代表者様と、スケジュールを調整して、訪問プランを組んでいます。
小中高校生と一緒にサッカーをしたり、牡蠣の養殖のお手伝いをしたり、被災地(南三陸など)を訪れ、現地の様子を確かめたりしました。子どもたちや親御さんから感謝されると、嬉しいしやりがいを感じます。

・ホフマンホールの清掃
普段当たり前のように学校の施設を使えていることに感謝の気持ちを抱き、自分たちも何か還元できないかという思いから、始めたものです。

私達は、ただサッカーをするだけではなく、様々なことにチャレンジすることで、視野を広げ、部員一人ひとりの成長はもちろん、上智大学体育会サッカー部という組織の成長を目指しています。
こうした活動は、多くの部員にとって、サッカー部全体の組織力向上について考えるきっかけにもなっています。
また、ゆくゆくはサッカー部だけでなく、他の部にも、ボランティア精神を根付かせ、体育会全体をより良い雰囲気にしたいと思っています。

東北ボランティア①(南三陸町の小学生とサッカーをしました)
東北ボランティア①(南三陸町の小学生とサッカーをしました)
東北ボランティア②(体育会サッカー部とオリンピック・パラリンピックに向けた学生団体のメンバーで集合写真)
東北ボランティア②(体育会サッカー部とオリンピック・パラリンピックに向けた学生団体のメンバーで集合写真)

Q4: 学業と部活動を両立するために、工夫していることや、モチベーションを保つコツを教えてください。
A4:
大学では、履修条件に合わせて自分の学びたい科目を履修することできます。高校の時よりも自分自身でスケジュールを管理できるため、練習は授業のない空き時間に行うなど、時間の使い方を工夫することによって勉強と部活の両立を可能にしています。
また、普段から勉強と部活を両立している仲間が周囲にいることによって、互いに刺激し合い、自然と勉強と部活に対するモチベーションを高め合っています。

2019年度 東京都一部リーグ試合前に部員で円陣を組み士気を高めている様子
2019年度 東京都一部リーグ試合前に部員で円陣を組み士気を高めている様子

Q5: 高校生が見学に行ける練習日や試合日程があれば、教えてください。
A5:基本的に授業実施期間は、月曜日と金曜日の15:30~19:30に真田堀運動場で練習しているので、ぜひ見学に来てください。
また、4月から10月にかけては、日曜日にリーグ戦が行われます。
試合の詳細などは、随時、上智大学体育会サッカー部のWebサイトで公開しています。
興味のある方は、私たちの全てを賭けた本気の試合を是非応援しに来てください!

Q6: 最後に、受験生に応援メッセージをお願いします。
A6:上智大学体育会サッカー部は、サッカーが好きで、共に真剣に戦う仲間を待っています。
受験を乗り越えて上智大学に合格して一緒にサッカーを楽しみましょう!
皆様のご健闘をお祈りしています!

2019年度 上南戦(同点ゴールを決めた瞬間)
2019年度 上南戦(同点ゴールを決めた瞬間)